ブラックジャックで勝ち抜くための基礎知識

ブラックジャックとはどんなゲームか

ブラックジャックとはどんなゲームか

オンラインカジノのブラックジャックは、オンラインカジノにある多くのゲームの中でもダントツの人気のゲームとなっています。
海外のカジノでも、常に満席となっていることが多いのがブラックジャックです。

多くのプレイヤーを魅了するブラックジャックは、プレイヤーとディーラーの一騎打ちのタイマン勝負です。
熱いタイマン勝負をしたい方には、大変メリットのあるゲームとなっています。

オンラインカジノのゲームの中でもハウスエッジが非常に低くペイアウト率が高いので、とても勝ちやすくなっています。
攻略法を駆使して勝つことが楽しいゲームで、工夫次第でより戦略的に勝ちに行くことが出来ます。

ブラックジャックはトランプを使ったテーブルゲームですが、ルールはシンプルで覚えやすいのでカジノ初心者でも楽しめますし、スキルを身につけるとより楽しく遊べます。
そこで、オンラインカジノのブラックジャックの詳しい魅力や詳細についてみていきましょう。

ブラックジャックの基本について

ブラックジャック(Blackjack)はトランプカードを使ったゲームで、自分とディーラーのどちらが21に近くなるかを競いあうというゲームになっています。
特にカードの合計値が21ぴったりになることを「ブラックジャック」と言います。

ブラックジャックはその他のテーブルゲームとは違い、ディーラーと1対1で対決をしてタイマンで勝負をする構図になるのが特徴となっています。
このため、マンツーマンで熱い勝負を楽しみたい方には最適なゲームとなっています。

また、ブラックジャックというゲームは、上手い下手が如実に現れるゲームとなっています。
その為、プレイヤーのスキルが特に問われやすいゲームとなっており、技術を磨けば安定して勝利を狙えるゲームとなっていて、非常にやりごたえがあります。

ブラックジャックの基本的な流れ

ブラックジャックの基本的な流れ

ブラックジャックは、カードの合計数がディーラー(相手)よりも21に近くなることを目指します。
しかし、21を超過しないようにすることも必要となります。
基本ルールと遊び方を知っておく必要がありますので、把握しておきましょう。

まず、最初にプレイヤー(自分)がベットをし、その後ディーラーがプレイヤー側・ディーラー側にそれぞれ2枚ずつカードを配るという流れになります。
そして、この時にディーラー側のカードは1枚が伏せられた状態で配られることになります。

プレイヤーは、配られた2枚のカードを確認して、もう1枚カードを引くか否かを選択します。
その際追加で1枚カードを引く事を「ヒット」といい、さらにカードを引かずにそのままで勝負をすることを「スタンド」と言います。
この、ヒットするか否かを選択して駆け引きすることがブラックジャックの醍醐味となっています。

プレイヤーの選択が終わると、ディーラーが伏せていたカードがオープンになります。
この時、ディーラーの合計値が「16以下」の場合には、ディーラーが更にカードをもう1枚引くことになっています。
ディーラー側は、プレイヤーのように選択肢はなく、カードの合計値が17を超えるまでカードを引き続けなければならないという一定のルールがあります。
したがって、17を超えた時点でプレイヤーと勝負します。

ブラックジャックのアクションについて

ブラックジャックにおいて、プレイヤーはカードの状況に応じて様々な行動(アクション)を取る事が可能である点が特徴です。
基本的には、スタンドとヒットは、カードを引かないか引くかになります。
そして、「ダブルダウン」は賭け金を2倍にする事が可能なアクションです。
自信のあるカードが揃った際に倍で賭けることが出来るというアクションなので、最適なタイミングで使いましょう。

そしてインシュアランスは、ディーラーのカードがエースだった時に使える選択肢で、保険を賭けることが出来ます。
もしも、ディーラーがブラックジャックだった場合、ベット額とインシュアランスでベットした分が返ってきます。

また、スプリットといって、最初に来たカードの数字が同じだった場合、2つに分けてチャンスを増やすことが出来るアクションがあります。
また、最初のターンのみで使えるサレンダーがあります。
これは、相手が有利なカードだった場合、降参することが出来るというものです。
この場合、ベット額の半分が戻ってきますのでとても便利です。

ブラックジャックのカードの数え方

ブラックジャックのカードの数え方

ブラックジャックのカードの数え方ですが、まずエースについては1もしくは11と数え、2~9迄はそのまま数えます。
そして10から絵柄のカードは全て10として数えます。
これをテンカードと言います。

バカラとは少々違う数え方ですので、この数え方をマスターしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です